「世界で最も悲痛なラブストーリー」

「胸に睡蓮が生える話」と聞いてどう思うだろうか。

『本屋の森のあかり』という漫画で(これはこれでオススメ)、最終話で紹介されていたのがこの「胸に睡蓮が生える」という小説だ。

本屋の森のあかり(1) (Kissコミックス)

磯谷友紀/講談社

undefined


『うたかたの日々』、フランス語原題 " L'E(上に ' )cume des jours "をそのままに訳した「日々の泡」という翻訳もあるが、やっぱりこちらのほうが好みだ。翻訳者が意識したかどうかは知らないが、「よどみに浮ぶうたかたは、かつ消えかつ結びて久しくとゞまることなし。」という『方丈記』の文章を連想させ、本を開く前からイメージが湧くからだ。

うたかたの日々 (ハヤカワepi文庫)

ボリス ヴィアン/早川書房

undefined


パリに暮らす若者たちを中心とした物語だが、内容はSF的でもあり、シュールレアリズム的な文体で最初はちょっととっつきにくい。「なんだこりゃ」と思う表現や物体が次から次へでてくる。しかし読み進めるうちにどんどん作者が描く奇怪だけれども美しい世界にひきこまれていく。

死んだ親の遺産で自由に暮らす21歳の青年コラン、彼は恋をしたいと願っている。とある日、彼はクロエという繊細で美しい少女に出会い、二人は恋におち、すぐに結婚をする。
しかし、クロエは新婚旅行の途中で「胸に睡蓮が生える」という病気にかかる。この病気の療法は、周囲に美しい花を置くこと。高価な花はコランの財産を減らしていく。彼はクロエのために生まれて初めて働くことになるが…。

この説明で「胸に睡蓮が生える」という病が、クロエという少女にぴったりということが分かるだろうか。美しく繊細なクロエがかかる病気は、「胸」(「肺」)でないといけないし、寄生するのは「睡蓮」でないといけない。他の箇所でも植物でも駄目なのだ。
そしてこの小説は「うたかた」――泡のような「青春」に溢れている。愛のために命をかけるコランがそうであるし、親友のシックはパルトル(サルトルのもじり)に傾倒している。誰にでもちょっと覚えがある(あるでしょ!)、青春の痛ましさ、ある意味での「イタさ」がいっぱいだ。
この小説の主要人物に誰も悪人はいない。ただ、誰もが「愛」や「思想」に全てを懸けすぎて少しずつ歯車が崩れてくだけなのである。

昔はこういう幻想的な小説はどうしても受け付けなかったが、読めるようになってきた自分にも驚いた。年齢を重ねるとともに、読書の幅も広くなってきたということか。



[PR]
by sophie_c | 2017-04-11 18:10 | livres


日々の覚え書きなど。


by Sophie

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
voyage
jours
travail
France
livres
partir
favori
étude
未分類

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
more...

フォロー中のブログ

Have a nice ...
石屋の女房
石屋本人
a day in my ...
aoimonica's ...
YUKA’sレシピ♪
日々の色 フランスのあれ...

メモ帳

最新のトラックバック

新しい年に贈る言葉
from dezire_photo &..

ライフログ

Livres

空白を満たしなさい


私とは何か――「個人」から「分人」へ (講談社現代新書)


顔のない裸体たち (新潮文庫)


ランボー全詩集 (ちくま文庫)

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

「世界で最も悲痛なラブストー..
at 2017-04-11 18:10
第三次(くらいの)天童荒太ブーム
at 2017-03-19 11:10
シェイクスピアだって驚きの展開
at 2017-01-14 23:24
本当に大切なことは目に見えな..
at 2016-11-04 00:26
為せば為る
at 2016-08-19 01:20

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
つぶやき

画像一覧